神様の子守はじめました。14

著者 霜月りつ

2021/12/17

定価 本体 650円+税


【Amazonで購入】  【楽天で購入】


初詣に初売り、実家への里帰り、

神子がはじめて迎えるお正月!


四神子がはじめて迎えるお正月。新しい年を祝って初詣にやってきた梓と神子たち。

そこで四神子を可愛がっているアマテラスさまから呼び出しを受け、新年の挨拶をしにタカマガハラに行くことに。神々の領域に行き、喜ぶ四神子だったが、梓と離れ人々の祈りの声を聞きに行くことになる。その祈りの場で朱陽の身代わりに蒼矢が祈りの渦のなかに巻き込まれてしまい!? 

一方、梓はボーナスとして、故郷の福井へのチケットを渡されーー。


#霜月りつ